無料PDF作成・変換

このエントリーをはてなブックマークに追加

JPG(JPEG)をPNGに変換

 

JPEG(ジェイペグ、Joint Photographic Experts Group)とは、コンピュータなどで扱われる静止画像のデジタルデータを圧縮する方式のひとつ。
PNG(ポータブル・ネットワーク・グラフィックス、Portable Network Graphics)はコンピュータでビットマップ画像を扱うファイルフォーマットである。

 






画像認証:

 

 

 

PNG

 

PNG、画像ファイル保存フォーマットとして、目的はGIFとTIFFファイルフォーマットを代替することである。それと同時に、GIFファイルフォーマットが備えない特徴を持っている。ポータブル・ネットワーク・グラフィックス (Portable Network Graphic Format,PNG)の名前は非公式の「PNG's Not GIF」から来て、ビットマップ画像を扱うファイルフォーマット(bitmap file)である。PNGはグレースケール画像を保存する場合、グレースケール画像の深さは16ビットで、カラー画像を保存する場合、カーラ画像の深さは48ビットまで達成できる。そして、16ビットのα通道データを保存できる。PNGはLZ77から派生するの無損失のデータ圧縮計算法を採用する。普通はJAVAプログラム或はホームページ或はS60プログラムに使用された原因といえば、圧縮比率が高くて、作成したファイルの容量は小さいである。
PNGフォーマット画像は高い真実性、透明性及びファイルが軽いなどの特徴を持つために、ホームページ設計、平面設計に広く応用されている。ネット通信はブロードバンドに制限されるため、画像がきれいで真実的な前提を保証できれば、大きいbmp、jpgフォーマットのファイルを多く使用しない。Gifフォーマットのファイルは比較的に小さいが、色の損失率が高いので、あまり要求に達成できない。それで、PNGフォーマットファイルは開発された日から大人気である。